FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
親知らずを抜く その2
一昨日やっと親知らずの抜歯が終了しました。
土曜日にやってもらおうと思っていたのに、翌日に消毒をしなければならないということと、先生が金曜外勤ということで木曜に。
おけけさんに木金と休みを取ってもらいました。
休み過ぎてそのうちクビにならないかと心配です。
車の免許取っておけばよかったと、事ある毎に反省。
で抜歯ですが、結局麻酔は普通に防腐剤フリーのキシロカインになりました。
そよ風の先生はシタネストを勧めたそうですが、シタネストには防腐剤のパラベンが入っています。
シタネストにはアドレナリンが入っていないのがお勧め理由らしいのですが、個人的にはアドレナリンなんかよりパラベンの方が断然脅威なのでシタネストは拒否しました。
アドレナリンは体内でも作られるけど、パラベンは石油からの化学合成物で通常体内には入れないもの。
かびん症ならパラベンに反応する人の方が多いと思うんだけど・・・・
かといってキシロカインなら大丈夫かどうかは判らないので、打ってみてダメそうなら即中止という事にして始めました。
まず1本打ってみて5分程様子見。
特に何の変化も無かったので残りを打ってさらに10分程様子見。
びっくりするほど何の異常も無し、散々心配した麻酔は全然大丈夫で所要時間1時間ほどで抜けました。
終始丁寧に対応してもらえたし、最初にレトロ過ぎて不安なんて思ったのが申し訳ない。
翌日の消毒はかかりつけの歯医者さんでやってもらう事にし、鎮痛剤と抗生物質を貰って終了。
鎮痛剤はロキソニン、抗生物質はフロモックス。
フロモックスで少し眠くなってしまうけど、これは普通に副作用かもしれないし大した問題ではありません。
ロキソニンは鎮痛効果が弱く昨日までかなり苦しんだけど、今日は少しはマシかな。
右下の親知らずだったので扁桃腺も痛くなってしまって、唾をゴクッとするだけでも痛いのが辛い。
あとは1週間後の抜歯をかかりつけの歯医者さんでやってもらって終了です。
親知らずを抜くと決まった時は凄い不安だったけど、思ったよりダメージが少なく終わって良かった。
【2015/10/17 15:46】 | かびんな話 | コメント(0) | page top↑
<<秋だなぁ | ホーム | 親知らずを抜く その1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。